• ホーム
  • AGAの治療効果が出るのはどれくらい?

AGAの治療効果が出るのはどれくらい?

髪と櫛

多くの男性が悩むAGAの症状は、薄毛が少しずつ進行して、頭頂部や前頭部の生え際が薄くなっていきます。
進行が治まることはなく、日に日に広がっていくので、薄毛が気になったらすぐに治療を始めるのが大切であると言われています。
治療するには専門のクリニックか皮膚科などの一般病院を選ぶことになりますが、本格的に治療を開始したとして、どの程度で効果が出るか気になる人も多いでしょう。
病院でのAGA治療は薬物療法がメインとなっており、フィナステリド製剤やミノキシジルといったものを使用します。
最近では、さらに効果の高いと言われているデュタステリドを使用します。
フィナステリドやミノキシジルも十分に効果はありますが、臨床実験でもデュタステリドは毛髪再成長データに高い結果を記録しています。
服用を開始してからは1ヶ月程度で、薬の効果が発揮され、ヘアサイクルが正常化することで、初期脱毛が起こります。
抜ける本数が異常なため、驚く人がおり中止も考えるかもしれませんが、正常な反応なので構わず続けていきます。
2~3ヶ月で頭皮にかすかに産毛が生えてくるのが感じられるようになり、4~6ヶ月の間でこれから成長していくであろう髪の毛が、目に見えるようになってきます。
8~12ヶ月の間ではかなりの毛が伸びてきて、最初にあった毛は濃くなった実感があり、新たに伸びてきた毛も色が付いてこれからが楽しみな状態となります。
1年以降で少しずつ毛が太くなっていくのを感じられ、かなり濃くなっているのが実感できると思います。
ただし、効果は個人差があり、治療効果の満足できる時点が人によって異なるので、AGAの治療期間がいつまでかの決まりはありません。
そのため、いつまでも続けることもできますし、産毛が生えたら十分という人は、そこが治療の終着点となります。
1年ほどで多くの人が実感できる期間であると言われているので、そこまで続けてみて、まだ足りないという人は納得できるまで続けるといいでしょう。